生活をもっと快適にしてくれる不動産の設備工事

並んだ家

再生にも繋がる

施工時間が短い

シャッターを電動化することは、既存のパーツを活かして行うことができるため簡単に施工できるという特徴があります。
電動シャッターを新規に設置するのとは違って、既存のシャッターを活かして電動化工事を行う場合は大きな工事を行う必要がありません。
ですから、シャッターを電動化するにあたって必要な施工時間が短いという特徴を獲得することができるという点が魅力です。
施工時間が短いということは、シャッターの電動化工事を施すことによって生活に不便が生まれることもないということでもあります。
工事によって住居設備を利用することができない時間が生まれるかと思いきや、日常生活に支障がない程度の作業時間で終了する点から、休日が潰れるようなこともありません。
シャッターの電動化を施すことは、施工時間が短くて施工費用も少なくて住むことから、すでに手動シャッターを導入している人にとっては大きな魅力だといえます。

実際の施工時間

シャッターを電動化するために必要な実際の施工時間は、およそ2時間から4時間程度だといわれています。
業者や設備、状況によっても変化しますが、作業を早く終わらせることができる状況なら、1時間半程度の作業時間で終わらせることができます。
ですから、窓シャッターなどのような、複数のシャッターを利用する場合に複数の電動化工事を依頼するとしても、時間的には大きな負担になりにくいです。
むしろ、そうすることによって割引が適用されることもあるため、電動化工事を行うことが更にお得になるという点に注目できます。
実際の施工時間がそう長くはないことから負担が小さいことも含めて考えると、シャッターの電動化工事はとても身近なものだとわかります。